目の健康について、現代人にとってとても気をつけなければいけない問題となっていると思います。何故ならスマホ依存になっている人がとても増えているからです。しかも意識せずになっている場合が多いです。

当然のようにスマホを使っている現代人は、症状に気付かずに目は日に日に悪くなっていきます。
さらに、今は自然も少なくなっていてパソコンやスマホを見ることが増えたことで、当然目は悪くなるばかりです。眼精疲労には、肩こりや頭痛、吐気などの重い症状から、疲れ目やぼやけ、かすみなど軽いものまでありますが、ドライアイが原因なものを除いては、多くは、首や肩の血流が悪く頭の重さを支える筋肉の緊張で凝ることが多いです。凝ってしまう事が多いです。
特に、肩甲骨周りが緊張してくると頭痛にも繋がりますので、肩甲骨周りのストレッチは大事です。肩甲骨を回して、凝り固まった首周りの筋肉の血流を良くしましょう。

生活の改善にもつながります。私はトラックの運転手をしているのですが、20代の時とは目の見え方が全く違うと感じます。

遠くにある看板を20代では見えていましたが、現在では遠くの看板はぼやけて見えて、ある程度近づかないと見えなくなりました。

なので運転中は目が疲れます。

疲れ目対策としては、休憩中や荷物の待ち時間などに「温かくなるアイマスク」を使用しています。これが疲労した目には効果があり、気持ちよくなります。

30代を過ぎて年齢を重ねると、目尻が下がってきます。表情筋と呼ばれる目の周囲にある筋肉の衰えがその原因です特に近年、パソコンやスマホーとフォンが普及したことで、ずいぶんと目に負担をかけることが増えてきました。

画面と長時間向き合う際は、休息を取り遠くの木々などを眺めると良いでしょう。

他にも酷使した目の回復のため、入浴の時に目の周りを温めたりマッサージをする事です。
アイシングより温める方が目の疲労が取れますので、ぜひお試しください。

約三年前の朝、新聞の字が読めないと気づいた日が始まりです。

老眼ですね。
文章を追うにも食事するにもとても目が疲れるのです。老眼になってからは、目をいたわり不要なPCやTVを見ない、趣味の読書も時間を決めて行い、常に目のケアを意識しています。
就寝前には温かくしたタオルを目の上にのせ保温を欠かしません。
毎日の生活習慣に少し、取り入れるだけで、とても眼精疲労はよくなりました。近頃スマホを操作する機会が増え、長い時間画面を見ていることで目がショボショボしてきます。

この症状が眼精疲労だとこの前知りました。

眼精疲労から肩こりや頭痛につながってしまうようです。

目がショボショボしてしまったら、対策方法として自分はツボを押すようにしています。晴明という目頭と鼻の先の間を押さえるのですが、効果が一番に感じられて、目の疲れをなくすことができます。パソコンやスマホを日常的に使う人がほとんどの昨今では、眼精疲労に悩まされている人は意外と多いと思います。
この眼精疲労とは、充血になったりモノがかすんで見えたりするほか、頭痛・肩こり・吐き気などをまねきます。そうならないためにも睡眠を十分にとる、時々体を休ませてストレッチをするなどをして心掛けることが大切になってきます。現代社会において、スマートフォンやテレビ、携帯電話やタブレット、液晶画面を見る機会が増えました。

パソコンは仕事の必需品で眼精疲労に多くの人が悩まされています。最近ではブルーベリーに多く含まれていると言われるアントシアニンという成分がいっぱい入っている健康食品のラインナップを増えてきました。目の機能に衰えを感じている人にも注目される商品となっていて多くのメーカーが力を入れています。
現在ではドラッグストアはネット通販で簡単にコンタクトも手に入る時代。

その為に間違った使用方法により眼の病気にかかってしまう人が増えていますね。

スマホやパソコンに長い時間向き合うことで目の疲れやドライアイを引き起こしてしまう人も急増しています。近くばかりを凝視すると筋肉がこわばり近視の原因にもなります。
1時間に約10分は目を休めるよう心がけ、目のストレッチをして血流を良くすると良いです。また、蒸しタオルなどを使って目を温めるのも非常に効果があります。現在は目を酷使するのが当たり前になっています。
パソコンやスマホなどの液晶画面から出ている目にとても悪い影響があります。しかし現代の日常生活でこれらは欠かすことができません。

それでは健康な目にするために何ができるでしょうか。

はじめに悪い状況から目を守るということです。
ブルーライト軽減メガネというもので対策できます。また、疲れてしまった目を休めることも大事です。楽なやり方として蒸しタオルで、目をあたため血行を良くすることで目の疲れがとれます。