「2018年8月」の記事一覧

近所にカーブスがオープンしたんだけど人気あるのかな

コラム

ダイエットをする中で特に効果的だったのはわたしの場合ウォーキング、すなわち歩くことでした。地道に歩くことによって代謝が良くなり、汗を流すことによって一番体重が落ちて効率的なダイエットになりました。
一番多い時よりも体重が5キロ落ちました。

食事制限をするとストレスが溜まるので、私はできませんでした。意識的・継続的に歩く取り組みやすいダイエットだと思います。

ぜひお試しください。

昨年の末頃から、不摂生がたたりお腹にしっかり贅肉が付いてしまっていました。

これまで着れていた細めのシャツがとても着れる状態ではありませんでした。
そこで、炭水化物は極力食べないようにし、帰宅するときはあえて一つ手前の駅で降り、歩くようにしています。
休日であっても必ず散歩することに決めました。

少しずつ体重は減ってきていますが、痩せるときは大変で太る時はあっという間。ダイエットの難しさをよく感じています。ダイエットを始めるうえで体重を落とすことはもっとも達成したい目的になりますが、ダイエットが体調不良の原因となってしまっては痩せる為の努力も水の泡です。

ボディラインに健康と魅力を反映させるにはダイエット期間の食事がもっとも重要になります。

炭水化物だけでなくビタミンやミネラル、たんぱく質などをきちんと野菜や肉、魚などから得るようにし、摂取するカロリーにも気を使った食事内容にし、そして代謝を上げる為に適度な運動を継続して行い脂肪を燃焼することが理想的なダイエットといえます。

特に目的もなく痩せたいというのではなく、痩せてどんな体になりたいか、ちゃんとイメージすることが長く続けることができるかのコツだと思います。

目標の無い努力は長続きしないので、どの時点で何キロ痩せたい、痩せた後はどんな服で誰と会おうかなどとにかく細部まで考え込みましょう。
そうすれば、ちょっと甘いものを我慢することがそれほど苦にならなくなります。ダイエットに関しては無茶をせず続けていくことが大事です。食事と運動のバランスも大事です。

中でも気をつけるのは食事です。極端に偏った食事をすると、むしろ、その反動がきてしまい食べたいものを食べてしまうことが起きてしまい、リバウンドする事にもなりかねません。お肌にも悪いです。
炭水化物を少なめにするとか、肉から魚にしてみるとか。
高タンパクかつ低カロリーはダイエットの必須条件です。20時以降の飲食は極力避けています。それが難しいときでも、眠る二時間前には飲み食いしないようにしています。夕食はおなかいっぱい食べないように気を付けています。
嗜好品は極力朝のうちに食べるようにしています。品物を選ぶときも、少ない量のものか、小さい袋に、分割されているものを選ぶようにしています。午後のおやつでは、一口で食べられる大きさのものを選んでいます。

運動は嫌いなのでしませんが、歩ける距離は歩くようにしています。

ダイエットにはお金をかけず、いつもの暮らしの中でひと手間かけてみるのはどうでしょう。例えば、床掃除をする際に、便利な道具を使って掃除せず、雑巾を使うこと。

それで消費するカロリーが増え、ダイエットに繋がりまたお金も浮いていいことばかりです。もちろん無理せずに続けられるレベルでいいのですが、節約ができ、カロリー消費も増やせることを見つけ出していけば、案外楽しみつつダイエットが続けられるのではないでしょうか。

私は今ダイエットを、しています。

前にダイエットを、した時は痩せましたが体の調子も悪くしたので今は運動と食事に気を付けています。やっている運動はウォーキングやダンス、バトミントンの他縄跳び、筋トレを毎日しています。食事は普通の人の半分位にしています。

他には身体が細っても精神状態が悪化するといけないのでヨガをやり気持ち良くしていますダイエットを成功させるためには、何事も偏ってはいけません。

まともに食べず、運動を疎かにするなどでは短期間体重が落ちたとしてもリバウンドに繋がってしまう場合があります。

炭水化物を抑え、タンパク質を摂取したり栄養価の高い野菜を食べたりと栄養のバランスを考えた食事を意識した上で、適度な運動をすることで、リバウンドをしにくい体をつくることができると思います。

上手に体重を減らすには、バランスを考慮した食事と適度な運動が必要です。

食事から体中まんべんなく栄養素を取り入れ、一日数十分でも結構ですので、運動しましょう。
体が脂肪を燃やし始める20分が丁度よい運動時間ですが、それも難しければ筋トレをし、ストレッチをするだけでも効果はあります。短期で大きな効果を望むのではなく、時間をかけながら少しずつ脂肪量を減らしていけば自ずと体重の方も減っていくでしょう。

オーガニック成分の頭皮に優しいシャンプーを選ぶメリット

コラム

目の健康について、現代人にとってとても気をつけなければいけない問題となっていると思います。何故ならスマホ依存になっている人がとても増えているからです。しかも意識せずになっている場合が多いです。

当然のようにスマホを使っている現代人は、症状に気付かずに目は日に日に悪くなっていきます。
さらに、今は自然も少なくなっていてパソコンやスマホを見ることが増えたことで、当然目は悪くなるばかりです。眼精疲労には、肩こりや頭痛、吐気などの重い症状から、疲れ目やぼやけ、かすみなど軽いものまでありますが、ドライアイが原因なものを除いては、多くは、首や肩の血流が悪く頭の重さを支える筋肉の緊張で凝ることが多いです。凝ってしまう事が多いです。
特に、肩甲骨周りが緊張してくると頭痛にも繋がりますので、肩甲骨周りのストレッチは大事です。肩甲骨を回して、凝り固まった首周りの筋肉の血流を良くしましょう。

生活の改善にもつながります。私はトラックの運転手をしているのですが、20代の時とは目の見え方が全く違うと感じます。

遠くにある看板を20代では見えていましたが、現在では遠くの看板はぼやけて見えて、ある程度近づかないと見えなくなりました。

なので運転中は目が疲れます。

疲れ目対策としては、休憩中や荷物の待ち時間などに「温かくなるアイマスク」を使用しています。これが疲労した目には効果があり、気持ちよくなります。

30代を過ぎて年齢を重ねると、目尻が下がってきます。表情筋と呼ばれる目の周囲にある筋肉の衰えがその原因です特に近年、パソコンやスマホーとフォンが普及したことで、ずいぶんと目に負担をかけることが増えてきました。

画面と長時間向き合う際は、休息を取り遠くの木々などを眺めると良いでしょう。

他にも酷使した目の回復のため、入浴の時に目の周りを温めたりマッサージをする事です。
アイシングより温める方が目の疲労が取れますので、ぜひお試しください。

約三年前の朝、新聞の字が読めないと気づいた日が始まりです。

老眼ですね。
文章を追うにも食事するにもとても目が疲れるのです。老眼になってからは、目をいたわり不要なPCやTVを見ない、趣味の読書も時間を決めて行い、常に目のケアを意識しています。
就寝前には温かくしたタオルを目の上にのせ保温を欠かしません。
毎日の生活習慣に少し、取り入れるだけで、とても眼精疲労はよくなりました。近頃スマホを操作する機会が増え、長い時間画面を見ていることで目がショボショボしてきます。

この症状が眼精疲労だとこの前知りました。

眼精疲労から肩こりや頭痛につながってしまうようです。

目がショボショボしてしまったら、対策方法として自分はツボを押すようにしています。晴明という目頭と鼻の先の間を押さえるのですが、効果が一番に感じられて、目の疲れをなくすことができます。パソコンやスマホを日常的に使う人がほとんどの昨今では、眼精疲労に悩まされている人は意外と多いと思います。
この眼精疲労とは、充血になったりモノがかすんで見えたりするほか、頭痛・肩こり・吐き気などをまねきます。そうならないためにも睡眠を十分にとる、時々体を休ませてストレッチをするなどをして心掛けることが大切になってきます。現代社会において、スマートフォンやテレビ、携帯電話やタブレット、液晶画面を見る機会が増えました。

パソコンは仕事の必需品で眼精疲労に多くの人が悩まされています。最近ではブルーベリーに多く含まれていると言われるアントシアニンという成分がいっぱい入っている健康食品のラインナップを増えてきました。目の機能に衰えを感じている人にも注目される商品となっていて多くのメーカーが力を入れています。
現在ではドラッグストアはネット通販で簡単にコンタクトも手に入る時代。

その為に間違った使用方法により眼の病気にかかってしまう人が増えていますね。

スマホやパソコンに長い時間向き合うことで目の疲れやドライアイを引き起こしてしまう人も急増しています。近くばかりを凝視すると筋肉がこわばり近視の原因にもなります。
1時間に約10分は目を休めるよう心がけ、目のストレッチをして血流を良くすると良いです。また、蒸しタオルなどを使って目を温めるのも非常に効果があります。現在は目を酷使するのが当たり前になっています。
パソコンやスマホなどの液晶画面から出ている目にとても悪い影響があります。しかし現代の日常生活でこれらは欠かすことができません。

それでは健康な目にするために何ができるでしょうか。

はじめに悪い状況から目を守るということです。
ブルーライト軽減メガネというもので対策できます。また、疲れてしまった目を休めることも大事です。楽なやり方として蒸しタオルで、目をあたため血行を良くすることで目の疲れがとれます。

電車の広告で見た内脂サポートが気になるけど口コミはどうだろ

コラム

ちょっとした空腹時には食べ物に手を伸ばす前にまずは水分の補給をおススメします。実際は水分が欲しいだけなのにお腹が空いたと感じてしまうことは多いでしょう。その時は水を少し飲みましょう。お腹が落ち着き、何も食べずに済みます。

寒いときには、白湯やそれにしょうが等をのせたものもいいです。カフェインが入った飲み物は利尿作用で水分が失われるため、控えるようにしましょう。

食事量を減らせばダイエットできるという訳ではありません。

食べる量を減らせば確かに一時は体重が減りますが、身体が栄養を摂れていない飢餓状態と判断し、食事から普段以上に栄養を吸収しようとします。この変化が、食事量をダイエット前に戻したらリバウンドしてしまう原因です。

ただ体重の変化だけに注意するのではなく、体脂肪率や代謝量のような身体の内側の要素に目を向け太りにくい身体作りを目指すことです。
近頃2週間くらいは、小腹が減ったときには「ブルーベリー黒酢の濃縮タイプ」を「ただの炭酸水」で割って飲んでいます。
6月後半から体重がずっと増えていましたが、努力して食事制限を行ったのではなく、気が付けば食欲は収まり体重はピークより2キロ減りました。
夜寝る前に、足の上げ下げを両方10回強やるだけですが、ウエスト周りもすっきりしてきました。日々の食事はダイエットをする際、とても大切になります。
いくら運動をしても、消費カロリー以上に摂取カロリーが上回ってしまえば元も子もないからです。

つまり、摂取カロリーより消費カロリーが普段の生活で多ければ、体重が増えてしまうことは無いです。また、食事も代謝をあげるものを取り入れ、運動することでさらに効率よく体重の増加を妨げることができます。日々欠かさず行う食事を見直す事はダイエットをするにあたり大事な事でしょう。ダイエットをするのだと力むより、無理なく痩せる習慣を付けることが重要です。太るのは、摂取するカロリーが消費分を超えるからで、この消費する量を増やすことが大切だと思います。
そのためには、タイムイズダイエットを知ることです。即ち、時間を大切にする意識が痩せることに繋がるのです。今できることは即座にやるようにしましょう。
掃除、洗濯など、思いついた家事は何でも間をおかず動くことを習慣づければ体重は勝手に減っていきます。
ダイエットを成功させたいと考えているなら、バランスが大事です。

食事や運動を全くしないことで、一時的に痩せたとしても、リバウンドに繋がってしまう場合があります。

炭水化物は少なめに、タンパク質をとったり栄養価の高い野菜を食べたりと栄養を考えた食事をとった上で適度な運動をプラスすることで、リバウンドが起こりにくい体を作ることが可能だと思います。
20時以降の飲食は極力避けています。
それが難しいときでも、眠る二時間前には飲食を避けます。
夕ご飯は腹八分目に留めるようにしています。

嗜好品は極力朝のうちに食べるようにしています。品物を選ぶときも、少ない量のものか、小さい袋に、分けて入っているものを選びます。

午後のおやつでは、一口で食べられる大きさのものを選んでいます。激しい運動は嫌いなので逃げていますが、できるだけ歩くようにはしています。ただ目標も無く痩せようと試みるのではなく痩せてどんな体になりたいか、というはっきりとしたイメージを持つことがダイエットを継続させるにあたってのコツだと思います。

目的のない努力は続かないので、どの時点で何キロ痩せたい、その後は何を着て誰に見てもらうかなどとにかく細かいディテールまで楽しく妄想。
そうすれば、ちょっとスイーツを我慢するというのが、いやにならなくなります。
多くの女性が人生に1回くらいダイエットをやってみるでしょう。自分も近頃再挑戦しており、軽めの朝食とサラダを昼食にするようにしています。

いつも同じサラダではなくて、たまには少しお肉も入れ、野菜の種類を変えて、飽きないようにしています。
すると一日に摂取するカロリー量を把握でき、夕食は好きなものを食べることもできます。
厳格な条件を設けるダイエットよりは受け入れやすいと思います。

晩御飯の時間を注意し、週末だけ高カロリーのものを食べるようにすれば、ダイエットも苦しくないでしょう。効率よく体重を落とすには、バランスのいい食事を摂ること、程よい運動をすることが必要です。食事を通して体に栄養素を取り入れ、一日数十分でも結構ですので、体を動かすのです。

脂肪が燃え始める20分くらいが丁度よい運動時間ですが、それも難しければストレッチや筋トレも十分効果があります。短期間で劇的な成果を求めるのではなく、時間をかけながら少しずつ脂肪量を減らしていけば自然に体重も減るでしょう。

ページの先頭へ