「2019年」の記事一覧

赤ちゃんのアレルギーが心配です

コラム

最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できる可能性があります。
腸内にアレルギーを起こす原因物質が進入してしまうと、IgEという抗体が出来る性質があります。

そしてこのIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こってしまうのです。
ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。
元々、母はひどいアトピー持ちです。どうやら遺伝していたみたいで。私もアトピーを発症してしまいました。皮膚がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。

スキンケアをしっかりしないと、外出も厳しいのです。
別に母を責めるつもりはないのですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、恐ろしくなります。

病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などへの出席が5日間禁止になります。仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱の症状は数日で治まるので、登校しようと思ってしまうかもしれません。熱がすっかり下がっても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、うつしてしまう場合があります。なので、お休み期間は守ることが感染を防ぐのに必要なことです。
ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として関心を持たれています。オリゴ糖を投与された乳酸菌の働きはアクティブになり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を良くしてくれます。

ですので、乳酸菌とオリゴ糖はいずれも内臓の働き向上や健康にはなくてはならない成分であります。ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは共通ですが、ビフィズスは、さらに、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作る能力があるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いということなのですね。
近頃は、いろんな感染症の話を耳にするので、とにかく積極的に摂るといいと思います。

アトピーにいいと言われている入浴剤を試用品として貰いました。どのような品物でもそうですが、試しに利用してみないと判断できないものです。
その入浴剤はよく肌に馴染んで、思っていた通りの印象でした。違和感を感じる事もありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いを保ちます。アトピーだと大変に耐え難い症状が出ます。

季節関係なしに1年中痒みとの根くらべになります。夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、誤って摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。実は乳酸菌を摂ると色んな効用があります。

まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、いい方向へと働きかけます。疫力アップにつながり、より多くの健康的な効果がもたらされます。アトピー性皮膚炎に良い効能があったり、感染症を予防する働きかけがあります。ベビーモデル

乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いとされているのです。

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。
便秘改善に効果があった方法は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私もヨーグルトを買いに行ってとにかく食べることにしました。

毎日食べているうちに、だんだん良くなってきて、便秘で悩むこともなくなりました。
アトピー性皮膚炎の患者の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少量になっていて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が少なくなっています。

これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保湿が最も大事です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を塗ることが必要なのです。

我が家には5頭の猫ちゃんが居るのでキャットフード選びは大変なんです!

コラム

私たちの関わっているビタミンの中で一番馴染みがあるビタミンといえばビタミンCですね。
ビタミンCは元々、野菜や果物といった植物性のものに入っています。
それだけではなく、私たちがコンビニとかで買っている飴とかにもビタミンCがたくさん入っているものがありますよね。
ドリンクでもビタミンCが入っているものがあります。
よく「C-1000」という言葉を見かけると思います。
1000mgも入っているということですね。
他にも機能性食品といった部類にも入っていることが多いので御馴染みだと思います。
この様にお馴染みのビタミンCですが、実はビタミンCには天然のものと合成のものがあります。
やはり美容面、そして健康面で活用したいのであれば絶対に天然のビタミンCを摂取するべきです。
合成のビタミンCで一番皆さんの生活に馴染みがあるものといえば意外かもしれませんが添加物として活躍しています。
合成のビタミンCはよく酸化防止剤として使われているのです。
よくお茶とか飲んでいるときに成分表示を見たりすると酸化防止剤ということで(ビタミンC)と書かれているのを見たことがありませんか?
この酸化防止剤で使われているのは合成のビタミンCです。
お茶とかが酸化しないように防止する意味で入っているのですが、酸化防止剤として使われているビタミンCは実際に飲む際にはビタミンCの状態ではありません。
ビタミンCが酸化防止剤として役目を終えると活性酸素を作り出してしまうともいわれています。
酸化を食い止めたということですから当然かもしれません。
ですがこの活性酸素、ご存知のとおり体には良くないといわれています。
酸化防止剤のおかげで食品の品質は保たれていることは確かなのですが、酸化を防いだことによっての別のデメリットが出ていることもしておくと良いでしょう。
酸化防止剤としてのビタミンCだけはちょっと注意してみましょう。
こういった合成のビタミンCがあるとお話しましたが、だからと言ってビタミンCのサプリが良くないというわけではありません。
基本的に天然も合成もビタミンCの構造は同じなのです。
よく、天然のビタミンC!といっているものの場合、加工に結構お金がかかるのでその結果、高い値段になってしまうという結果になってしまいます。
合成での場合、吸収する点は一緒です。
違いとしては天然か、合成かといった以前にサプリメントよりも食事からビタミンCを摂取したほうが体にいいということです。
どういうことかといいますとサプリメントの場合、単体でビタミンCを摂取することになりますよね。
ですがビタミンCの場合、単体で摂取するよりも色々なビタミンや栄養素と一緒に摂取したほうが相乗効果的に色々と力を発揮してくれます!
つまり、食事で色々な食べ物と一緒にビタミンCを摂取したほうが活用されるということです。
ビタミンCは水溶性なので必要ない分は流れて体の外に出て行ってしまいます。
ムダにならないように是非、食事から摂取するようにしてみてください。
【全年齢対応】キャットフードでおすすめする安全な選び方とコスパ抜群商品まとめ

ページの先頭へ