私たちの関わっているビタミンの中で一番馴染みがあるビタミンといえばビタミンCですね。
ビタミンCは元々、野菜や果物といった植物性のものに入っています。
それだけではなく、私たちがコンビニとかで買っている飴とかにもビタミンCがたくさん入っているものがありますよね。
ドリンクでもビタミンCが入っているものがあります。
よく「C-1000」という言葉を見かけると思います。
1000mgも入っているということですね。
他にも機能性食品といった部類にも入っていることが多いので御馴染みだと思います。
この様にお馴染みのビタミンCですが、実はビタミンCには天然のものと合成のものがあります。
やはり美容面、そして健康面で活用したいのであれば絶対に天然のビタミンCを摂取するべきです。
合成のビタミンCで一番皆さんの生活に馴染みがあるものといえば意外かもしれませんが添加物として活躍しています。
合成のビタミンCはよく酸化防止剤として使われているのです。
よくお茶とか飲んでいるときに成分表示を見たりすると酸化防止剤ということで(ビタミンC)と書かれているのを見たことがありませんか?
この酸化防止剤で使われているのは合成のビタミンCです。
お茶とかが酸化しないように防止する意味で入っているのですが、酸化防止剤として使われているビタミンCは実際に飲む際にはビタミンCの状態ではありません。
ビタミンCが酸化防止剤として役目を終えると活性酸素を作り出してしまうともいわれています。
酸化を食い止めたということですから当然かもしれません。
ですがこの活性酸素、ご存知のとおり体には良くないといわれています。
酸化防止剤のおかげで食品の品質は保たれていることは確かなのですが、酸化を防いだことによっての別のデメリットが出ていることもしておくと良いでしょう。
酸化防止剤としてのビタミンCだけはちょっと注意してみましょう。
こういった合成のビタミンCがあるとお話しましたが、だからと言ってビタミンCのサプリが良くないというわけではありません。
基本的に天然も合成もビタミンCの構造は同じなのです。
よく、天然のビタミンC!といっているものの場合、加工に結構お金がかかるのでその結果、高い値段になってしまうという結果になってしまいます。
合成での場合、吸収する点は一緒です。
違いとしては天然か、合成かといった以前にサプリメントよりも食事からビタミンCを摂取したほうが体にいいということです。
どういうことかといいますとサプリメントの場合、単体でビタミンCを摂取することになりますよね。
ですがビタミンCの場合、単体で摂取するよりも色々なビタミンや栄養素と一緒に摂取したほうが相乗効果的に色々と力を発揮してくれます!
つまり、食事で色々な食べ物と一緒にビタミンCを摂取したほうが活用されるということです。
ビタミンCは水溶性なので必要ない分は流れて体の外に出て行ってしまいます。
ムダにならないように是非、食事から摂取するようにしてみてください。
【全年齢対応】キャットフードでおすすめする安全な選び方とコスパ抜群商品まとめ